HOME>オススメ情報>公認会計士の資格を取得するための勉強方法

公認会計士の資格とは

公認会計士は企業の会計報告がきちんと行われているか監査する仕事で、必修科目5科目と選択科目1科目の難関の国家資格です。

公認会計士の資格を取得するための勉強のコツ、教えます!

勉強することを絞り込む

公認会計士の試験は多岐にわたるため、効率よく絞り込んで勉強することが大切です。

基本的な問題を必ず解けるようにする

難しい問題でつまずくよりも、基本的な問題を必ず解けるようにすることが大事です。

丸暗記ではなく体系的に理解する

理論科目は丸暗記してしまいがちですが、体系的に理解して自分でしっかり説明できることが重要です。

1日3時間から5時間勉強する

少なくとも毎日3時間から5時間勉強に充てる必要があります。

通信講座を受けるのもあり

仕事をしながら取得を目指すなら通信講座を受けるのもありです。

合格率の低さを考えた対策

脚

10人受けたら9人は不合格になると言われている公認会計士の資格は、実にハードルが高いことがうかがえます。そこで、1回の受験で合格するためには、必ず勉強方法と試験対策をしっかりと考慮をする必要があるのです。

働きながら予備校へ通う

施術

学生の場合はダブルスクール、仕事をしている社会人の場合は働きながら予備校に通うことで合格の近道になるとされています。仕事をしながら予備校に通うことはたしかに費用はかかりますが、要点を押さえた講義を受けることができるので、試験対策をする場合は費用がかかったとしても予備校に通うことをおすすめします。国家資格の対策は、一人でコツコツと勉強をするよりも、予備校へ通ってポイントを抑えた勉強をすることが公認会計士への近道になります。

テキストを読み込む学習法が評判

患者とマッサージ師

ノート作りについつい力を入れてしまいがちですが、公認会計士のような資格試験を受ける場合、テキストをしっかりと読み込む勉強方法のほうが試験対策になると評判です。予備校に通う場合、最近では講義に出席できなくても、動画を視聴することができるシステムが導入されています。このシステムを利用して動画で講義を視聴することで、時間の節約になります。後はテキストをしっかりと理解し、頭に叩き込むことで本番に強くなるのです。

広告募集中